タイビザ

お知らせ
観光促進・経済活性化を目的とする新ビザ政策を閣議決定

 タイの観光促進および経済活性化を目的とする新ビザ政策が2024年5月28日の閣議で承認されました。主な措置は以下の通りです。 ビザ免除期間を60日間へ  93カ国・地域の外国人を対象に60日間のビザ免除措置を実施します […]

続きを読む
お知らせ
空港でのリエントリー・パーミット取得(2024年5月現在)

(Update) リエントリー・パーミット申請のタイミングは2024年5月時点では出国審査の前と後のいずれも可に変更となっています。  タイで各種の滞在ビザを保持して居住している方にとってお馴染みのリエントリー・パーミッ […]

続きを読む
お知らせ
短期商用目的のビザ免除、証明書類の掲示義務

 短期商用目的でタイに入国する日本人(日本国の一般旅券または旅券に代わる証明書を保有する者)を対象に短期商用ビザ(ノンイミグラント - B)を免除する措置が本年1月1日からスタートしましたが、在東京タイ王国大使館は、商用 […]

続きを読む
お知らせ
日本人の短期商用目的の入国、1月からビザ免除

(追記) 在タイ日本国大使館による12月20日付告知によれば、適用期間は2024年1月~2026年3月となっています。 在タイ日本国大使館「タイ入国における商用査証の免除について」  2023年12月12日の閣議で、短期 […]

続きを読む
お知らせ
LTRビザ「高度専門家」の就労対象産業(改定案)

 2023年3月7日、LTRビザのうち高度専門家(High-Skilled Professional)(LTR “H”)の就労対象となるターゲット産業の改定案が閣議承認されました。新ターゲット産業案は以下の通りです。 【 […]

続きを読む
お知らせ
LTRビザ保有外国人に対する土地取得許可(閣議にて撤回)

(Update 2022年11月9日) LTRビザを保有する外国人の土地取得を可能とする内務省令案は2022年11月8日の閣議で撤回されました。外国人に国土を切り売りするものだと国民から批判が出ていたのを受けた措置です。 […]

続きを読む
お知らせ
LTRビザ申請受付、9月1日開始

長期滞在ビザ(LTR)の申請受付は2022年9月1日9時(タイ時間)から開始となります。 申請サイトhttps://ltr.boi.go.th/index.html 申請書および必要書類https://ltr.boi.g […]

続きを読む
お知らせ
新長期滞在ビザ(LTR)の資格要件(BOI告示)

富裕外国人を対象とする長期滞在ビザ(Long-term resident visa:LTRビザ)の資格、規則、条件に関する投資委員会(BOI)告示が2022年8月11日付で官報に掲載されましたので、あらためてLTRビザに […]

続きを読む
お知らせ
新長期滞在ビザ(LTR)の追加概要(22年5月)

2021年9月14日の閣議で承認されていた新長期滞在ビザ(Long-term resident visa=LTR)に関して、詳細を検討している投資委員会(BOI)から提出された「LTRビザの原則および条件に関する投資委員 […]

続きを読む
お知らせ
新長期滞在ビザ(LTR)の減免税措置

 新長期滞在ビザ(Long-term resident visa=LTR)の保有者に対する減免税措置に関する勅令案が2022年2月22日の閣議で承認されました。 (1)免税措置 LTRビザ発給の対象となる4カテゴリーのう […]

続きを読む
お知らせ
O-Aビザの医療保険、10万米ドルまたは300万バーツ以上の補償が条件に

 2021年6月15日の閣議で承認されていたリタイアメントビザ O-A(在留許可1年)の申請要件である医療保険の補償額変更に関して、2022年1月24日付で警察局命令(654/2564)が官報に告示されました。2022年 […]

続きを読む
お知らせ
新長期滞在ビザ(LTR)の概要(続報)

(Update)LTRビザに関する内務省告示が2022年6月2日付で官報に掲載されました。90日経過後の施行となりますので、8月31日以降に申請が可能となる予定です。また、LTRビザ保有者の就労許可に関する労働省告示も6 […]

続きを読む
お知らせ
新長期滞在ビザの発給を閣議決定

(Update)LTRビザに関する内務省告示が2022年6月2日付で官報に掲載されました。90日経過後の施行となりますので、8月31日以降に申請が可能となる予定です。また、LTRビザ保有者の就労許可に関する労働省告示も6 […]

続きを読む
お知らせ
リタイアメントビザ (O) の銀行預金要件

 リタイアメントビザ(Non-Immigrant Visa O)の更新要件が昨年から厳しくなってきているため、イミグレ担当官(ジェーンワタナ)にあらためて状況を確認しました。 金融資産の要件は以下の3つのいずれかに該当す […]

続きを読む