職場の飲料水設置基準

 労働省労働保護・福利厚生局はこのほど、労働者用飲料水の設置基準を周知徹底するよう通知しました。

 2005年職場の福利厚生に関する省令第1条(1)では、「労働者40人ごとに1カ所以上、飲料水を設置し、20人を超えれば40人とみなす」と定めています。

 違反した場合は「6カ月以下の懲役、10万バーツ以下の罰金のいずれかまたは双方」となります。

 今回の通知により従業員による内部通報や当局による監査の可能性もありますのでご注意ください。

【無料法律相談会】

 弊社では毎週金曜日(原則)に無料法律相談会を実施しています。詳細はこちら